見出し画像

今日から実践できる!採用におけるミスマッチを防ぐ「ペルソナ設定」

採用の難易度が上がっているとともに、ミスマッチが起きていることも大きな課題です。

「ハイスペックだと思ったのに、スキルをイマイチ発揮できていない」 

「やる気がある人材と思っていたのに、現場で活躍できていない」

こうした採用時の評価と実務での評価がズレる理由はたくさんありますが、その原因のほとんどは現場のニーズと獲得した人材のミスマッチが原因であるケースが多くあります。

そこで、注目すべきが採用における「ペルソナ設定」です。

採用におけるペルソナ設定が重要というのは誰もが知っているはずです。


とはいえ

・自社に合う人をどうやって言語化すればいいの?
・ペルソナ設定のやり方が分からない…

という方も多いと思います。

そこで今回は、採用マーケティングを行なっているHeaRが入社後のミスマッチを防ぐペルソナ設定の方法をご紹介いたします。今後のペルソナ設定に生かしてみてください!

ペルソナ設定の概要

ペルソナとは「人格」という意味を持つ言葉です。

ペルソナとは、具体的な生活がイメージできるように詳細まで描かれた人格を指します。 

ペルソナを作成する場合、名前や年齢・性別・住んでいる地域はもちろん、家族構成や生活・行動習慣など、実在する人物のように考えて設定します。

採用におけるペルソナを設定する際の10項目は下記になります。

画像1

それでは項目別のアウトプット例を見ていきましょう。

ペルソナ設定のデモグラフィックから行動特性まで

こちらのアウトプット例はメディアを運営していた頃に弊社で設定していた、インターン生に関するペルソナです。

画像2

1.デモグラフィック:デモグラフィックは人口統計学的属性、つまり性別、年齢、住んでいる地域、所得、職業、学歴、家族構成などその人のもつ社会経済的な特質データのことです。 デモグラフィックスによって、その人の行動・態度が異なるという考え方からこれをベースにデータを分析します。

2.背景:松竹梅に分けていますが、上から順に求める人物像の経験や背景について記載しています。

3.行動特性:水面上に現れている、つまり他人から見てすぐ分かる情報は、いわゆるスキルや知識です。情報感度やコミュニケーション、普段使用しているツールから、どれくらいのWEBの知見や自社に慣れるかを設定します。

ペルソナ設定における人物像の具体化

画像3

4.目標:どのような目的意識や目標を持っているかによって、仕事や業務に対する取り組みが変わってきます。常に成長を求めて自主的に行動ができる人を採用するのか、あるいは成長よりは安定的な仕事を求めてルーティーン業務をしっかりとこなしてくれる人を採用するかは企業によって異なるので、単純にこのスキルがあるひと!と設定するのではなく、求職者にどのようなマインドで働いて欲しいのかという部分にも繋がります。

5.課題:求職者を突き動かす原動力となる、ある意味「負」の部分です。ただこれはポジティブに改善の余地がある「課題」にすぎません。前述した、4項目めの目標と近しいものがあるので、一貫性を保ちつつ、設定していきます。

6.提供できること:これは企業として、インターン生(求職者)に提供できることです。待遇よりは仕事や将来の目標に合わせて提供できる経験を示します。メディア運営のインターン募集の内容ではありますが、それ以外の業務にも携われるので、メディア運営を基礎として、色んなことを学びたいという意欲のあるインターン生には響く内容になっています。

ペルソナ設定における企業の魅力との関連性

画像4

7.口癖:日頃どんな言葉を発するのかによって、人物像を明らかにします。ハングリー精神のある人を採用したい場合は、口癖が「定時最高!」よりは、「成長するためなら、遅くまで仕事できる!」の方が自社にフィットするでしょう。

8.批判意見や懸念点:自社に対して求職者が抱くであろう、懸念点や意見をピックアップします。クリエイティブなメディア運営を謳っているが、それらが本当に可能なのか。求職者の心情(負の根深いところ)までイメージして設定します。

9.企業メッセージ:自社の現状をありのまま伝えることが大事です。仕組みづくりを好む人もいれば、整っている環境でのびのびと学びたい人もいます。企業の事業フェーズや求める人物像によって、伝えたいことや魅力は変わってくるので、ありのままを記載しましょう。

10.30秒ピッチ:こちらは求職者に伝えたいメッセージや魅力を30秒で伝えるショートメッセージの役割です。一言で、自社の状態、やっていること、どんな人を求めているのかメッセージ性のあるピッチになります。長すぎないように簡略化したメッセージを意識するために30秒で伝えられる内容にします。

ペルソナ設定のベスト/ベター/ノーマル

必ずしも100%マインドもスキルも自社にフィットする人材を採用するのは難しいです。

そこで、求める人物像にも、

・ベスト 

・ベター

・ノーマル

自社とカルチャーフィットする人物だけど、スキル面で不安といったなった場合、事前にベスト、ベター、ノーマルのペルソナを設定しておくことで、相手がどのような属性に含まれるのか、自社でどのように活躍できるかを明確に伝えることができます。

このようにペルソナ設定をしておく事で、採用すべきか、どうなのかを自社内で情報共有がしやすく、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

まとめ

採用におけるペルソナ設定はとても重要です。

今回お見せしたスライドを用いて、ペルソナを設定したい方は、下記のURLから、テンプレートをダウンロードしてください。


自社内で設定したペルソナを活用して、会社の魅力や様々な情報をオープンに的確に伝えるツールとして、採用ピッチ資料(会社説明資料を公開する企業も増えてきました。

「会社の魅力をもっとうまく伝えたい!」

「どこまで求職者にオープンに情報を公開すれば良いのかわからない」

という方はこちらも参考にしてみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

HeaR inc.

採用マーケティング支援のHeaR inc.です。 我々は"青春"という言葉を大事にしています。 「仕事って楽しいよね」「仕事は青春だ!」という価値観の仲間しかいません。さあ、一緒に青春しませんか?

採用マーケティングのイロハ

HRの領域の情報を発信するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。