新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
スクリーンショット_2020-03-04_午前7.11.08

今だからこそ、企業が実践すべきオンライン上における採用CXを向上する方法(お役立ち資料付き)

こんにちは、「青春」と「愛」を軸に、採用マーケティング支援を行なっているHeaRです!

新型コロナウィルスの感染が広がりを見せ、政府からも「不要不急の外出」を控えるよう呼びかけられています。

そんな中、採用活動を危惧する企業はWEB面接を取り入れたり、オンライン上での採用CX(=候補者体験)向上に取り組む企業が増えてきました。

そこで、オフラインにおける接触が普段よりも困難なこの時期だからこそ、人事・採用担当者の方が実践できるオンライン上における採用CXを向上する方法をお伝えします。

①採用ピッチ資料の作成/ブラッシュアップ

求職者の意欲向上や、企業理解を促進する“採用ピッチ資料”
候補者は自社だけ選考を受けるとは限りません。
他社よりも多くの情報や、読後感を意識した採用ピッチ資料により、「この会社働くイメージが湧く!面白そう!」と思われることができます。
まだ採用ピッチ資料がなくてこれから作るという方は採用ピッチ資料を作成する手順や項目がまとまった下記の資料を参考にしてみてください!

またブラッシュアップや読後感を狙うのであれば、こちらのnoteがおすすめです!

②SNS(Twitter)に注力

コロナウイルスの影響でビジネスの動きが鈍くなる中、オススメしているのが企業ぐるみで行なっていくTwitterブランディングです。
基本的にブランディングは長い時間がかかるものですが、長期的な採用や企業の知名度向上にはかなり有用と言われています。

※HeaRで直近、最終面接/採用まで至った候補者さんのほとんどがTwitter経由で弊社に興味を持ってくださった方です。

Twitterブランディングを「今すぐに」始めたい!と感じた方は、こちらの資料をぜひご覧ください。

③採用広報の強化

採用広報/コンテンツ記事は、採用CX(Canditate Experience)において、重要なタッチポイントになっています。

コンテンツ制作において重要なことは、
「誰に対して伝えるのか」
「何を伝えるのか」
「どのように伝えるのか」

を明確にすることです。

「誰に対して伝えるのか」
・どのフェーズの求職者をターゲットにするのかを明確にする

「何を伝えるのか」
・採用フェーズごとに整理する
・魅力(4P)ごとに整理する

「どう伝えるのか」
・伝えたいメッセージは繰り返す
・具体的なエピソードを交える
・良い点だけでなく悪い点も伝える

具体的な方法についてはこちらのnoteをご覧ください!

④WEB面接の強化

WEB面接だと対面に比べて、相手の表情を読みにくかったりいくつかのハードルがあります。
ただ今の時期は対面での面接に不安を抱えている候補者の方もいるので、オンラインでも面接が滞りなくできるような環境づくりや、面接力の向上が求められます。
WEB面接でも使える質問集などはこちらのnoteも参考にしていみてください!

まとめ

今回ご紹介したCX向上ポイントはほんの一部でしかありません。

候補者とのたくさんのタッチポイントの中で優先順位を決め、自社では何ができるのか考えていきましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
4
我々HeaR inc.は"青春"という言葉を大事にしています。 青春の大人を増やすために、リモートワーク導入支援や企業の採用力(CX)やEXの向上支援を行なっています。 「仕事って楽しいよね」「仕事は青春だ!」という価値観の仲間しかいません。さあ、一緒に青春しませんか?

こちらでもピックアップされています

採用マーケティングのイロハ
採用マーケティングのイロハ
  • 44本

HRの領域の情報を発信するマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。