新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

WEB面接を成功させる 大事な7つのポイント

こんにちは、「青春」と「愛」を軸に、採用マーケティング支援を行なっているHeaRです!

新型コロナウィルスの感染が広がりを見せ、政府からも「不要不急の外出」を控えるよう呼びかけられています。
HeaRでも、出社が任意となり極力リモートで業務を進めるようになりました。

もちろん人事も例外ではありません。

そこで今回はリモートで面接する際の事前準備から実施時の注意点までご紹介します。

WEB面接のメリットはこちらのnoteをご覧ください!

〜事前準備編〜

ポイント①ツールの準備

よく使われる面談・面接用ツールを理解することは大前提です。
おそらく以下3つのツールがよく使われているのではないかと思います。
・Whereby(旧appear in)
・Zoom
・Skype

Skypeの場合、相互でアカウントが必要となるため、最近ではWherebyやZoomを使っている企業がほとんどかと思います。

弊社ではWherebyを使用しています。
会社のアカウントを作成し、URLを共有すれば、候補者の方はアカウントなしでもワンクリックでWEB面談が可能です。

自社の採用ピッチ資料やポートフォリオ等を画面共有しながら話すことができます。対面と変わらず、見せたいものを見せながら面接することが可能です。

Wherebyの画面はこのようになります。

スクリーンショット 2020-03-02 午前9.37.55

そして、操作もとても簡単。

スクリーンショット 2020-03-02 午前9.40.53

左から順に

①Cam on/off
カメラのon/offの切り替えが可能

② Mic on/off
マイクのon/offの切り替えが可能

③ 画面共有・シェアスクリーン
自分の画面を相手に共有が可能

④ Chat機能
ミーティング参加中の方とのチャットが可能

⑤ People・参加者チェック
Wherebyに参加している人のリストを確認可能

⑥会議からの退出
会議からの退出が可能

ポイント②リマインド

WEBだと軽視されがちで、残念なことに、時刻になっても相手が現れないってこともあります。
もしもの場合に備え、電話番号やLINE、Messenger等の連絡のつきやすい連絡手段を事前に確認しておきましょう。
また、使い慣れていなかったり、システム的なエラーで遅れて来ることもあります。事前に使い方のわかる資料を送ることも親切ですね!

ポイント③電子機器はフル充電で望もう

面談・面接中にオンライン接続している機器の充電が充電が切れそうになって「ちょっとお待ちください!」なんてことも。
充電すること自体は問題ありませんが、充電が切れそうになってアタフタするのは好印象とは言えません。充電が難しいスペースで行う場合は事前に充電をしておく。充電ができる環境なら、コードを繋げた状態で面接を始めるようにしましょう。特にWEB面接ツールを使っていると、普段より電池の消耗が早いので、事前にしっかり充電をしておきましょう。

ポイント④雑音の少ない環境を選択

面談・面接をカフェすることもあるかもしれませんが、あまりオススメしません。思っている以上に周囲の音まで拾ってしまい聞こえずらくなってしまいます。自分では大丈夫だと思っていても、相手側にはマイクを通して色んな雑音が聞こえるので、出来る限り静かな場所で、落ち着いてお話が出来る環境をチョイスしましょう。

〜WEB面接時〜

ポイント⑤リアクションは対面よりやや強調する

対面よりも相手の温度感が伝わりにくいWEB面接。それは候補者の反応だけでなく、面接官も同じです。笑う・頷く・前かがみになるなど、感情を伝える動作をしっかり活用しましょう。

相手から自分がどう見えているかを意識し、「ちゃんと聞いている」ことを表情や仕草から伝える努力をすることが大事です。

ポイント⑥通信環境に応じて早めの切り替えを

よくあるのは電波の届きにくい場所やWi-Fiが弱い環境を選んだことで、音声や画像が途切れる、フリーズする、聞こえない・見えないといった問題が起きてしまうことです。その場合は早めに電話に切り替えましょう。
ゴタついていると印象がよくありません。事前に通信環境をチェックすることも重要です。

ポイント⑦評価内容は対面と変わらない

候補者の評価や自社のことを知ってもらうという観点だけで言えば対面での面接との違いはほぼありません。
HeaRでは、オフライン・オンライン問わずコンピテンシー面接(STAR)技法を活用しています!
参考にしたい方は、下記からダウンロードしてみてください!

画像3

さいごに

この時期だからこそ、WEBを取り入れる企業も増えてきました。

対面ではありませんが、候補者さんが「この面接よかったな」と思えるように、WEB面接においてもCXを向上させていきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も青春!
17
我々HeaR inc.は"青春"という言葉を大事にしています。 青春の大人を増やすために、リモートワーク導入支援や企業の採用力(CX)やEXの向上支援を行なっています。 「仕事って楽しいよね」「仕事は青春だ!」という価値観の仲間しかいません。さあ、一緒に青春しませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。