見出し画像

求職者を惹きつける企業の魅力「4P」

採用活動の初期段階において、ペルソナ設定自社の強みや魅力を設定することはとても重要です。

採用におけるペルソナは設定したものの、

「自社の魅力って何だろう」
「求職者にどうやって魅力を伝えれば良いのだろう」


と思っている方も多くいるでしょう。

採用におけるペルソナ設定に関しては、こちらをチェックしてください。

採用において、企業の魅力を一方的に求職者に伝えれば良い訳ではなく、求職者の目線に立ち、自社の提供できる価値(魅力)を定義していくことが重要です。

今回は企業の魅力の洗い出しに活用できる「4P」についてご紹介します。

求職者に適切に魅力を伝えるためにはどうすれば良いのか参考にしてみてください。


採用における「4P」とは?

「人が組織に共感する要素」として、「4つのP」があるといわれています。

画像1

①Philosophy=理念・目的:組織のビジョン・目的に対する魅力
Profession=仕事・事業:組織の活動に対する魅力
People=人材・風土:メンバーと接する事で得られる魅力
④Privilege=特権・待遇:組織に属する事で得られる処遇や特権

ただし、あらゆる企業が、この全てを満足に提供できる訳でもありませんし、提供しなければならないというルールもありません。それぞれの企業には個性や独自の強みがあります。

「うちの会社は給与はあまりよくないけど、福利厚生が整っており、働きやすい環境だ」、「この会社で働いている人たちが素敵だから、この会社で働きたい」という会社もあるでしょう。

大切なのは、求職者がこの4つの中から何を期待しているのか。その期待に応えられるのかが、求職者が自社に魅力を感じるか否かになってきます。

たとえば弊社の場合、「給与水準は平均的で、残業もあったり休日稼働もある」と明記しており、求職者によってはこれを見て、「自分とは合わないな」と思う方もいます。

ただ、このような提示をしても、事業や理念に共感した方は興味を持ってくださり実際入社に至るケースもあります。

実際弊社の魅力に関しては下記を求職者さんにお見せします。

画像2

福利厚生や待遇が魅力ではなく、事業や理念が魅力であることがわかります。

では、具体的に4Pの中にはどんなものが含まれるのか、自社のことをイメージしながら見ていきましょう。

4Pの具体的な内容とは

①Philosophy=理念・目的

企業理念やビジョン、クレドといった大切にしている考え方、価値観も企業の魅力の一つです。

企業理念への共感を重視される企業もあれば、理念を特に掲げていない、という企業もあります。

組織やチームとしてどのような価値観を重視し、目標に向かってどのように動いていくのかについて興味をもつ求職者も多くいます。

しっかり魅力づけできるように理念や企業の目的を明らかにしておきましょう。


②Profession=仕事・事業

単に事業内容を説明すればよいのではなく、社会に対してどのような価値を提供できているのか、という点が重要です。

仕事内容についても、やりがい、得られるスキルや経験について具体的なエピソードを交えることができれば一層イメージが湧きやすくなります。

楽しい面、事業拡大や成長といったメリットだけを伝えるのではなく、仕事における大変な部分や経験についても話せると効果的です。

③People=人材・風土

一緒に働くメンバーや上司はどんな人が多いのか。社内のメンバーで飲みに行く頻度が多いのか、どちらかというとドライな雰囲気なのか。仕事面で、まとまりのあるチーム作りがなされているのか、あるいは1人で黙々と作業を進めるタイプかなど。

客観的な視点で社内の雰囲気をとらえ、求職者に伝えられるように準備をしておく必要があります。社内の雰囲気を適切に伝えることで、どういう人が自社に合うのか、どんな人に来てほしいのか、をアピールすることもできます。

④Privilege=特権・待遇

給与や福利厚生、勤務地などの待遇面についてもなるべく自社の特徴を出したいところ。

配属や勤務地の希望は出せるのか、月にどれくらい残業があるのか、完全週休2日なのか、勤務時間はどうなのかなど。

仕事内容云々よりも働きやすさや条件面を重視するという方も多いので、こちらを重視している会社であればそれを伝えられるようにしておきましょう。

充実した福利厚生があったり、ユニークな制度がある場合、それに魅力を感じる求職者もいます。それらの魅力を伝えられるように、会社説明資料やコンテンツを通して発信していくと良いでしょう。

まとめ

自社の魅力づけをする際の4Pについてご紹介しました。

求職者によって4Pの中でも重視する項目は変わってきます。

どの項目で求職者を惹きつけられるのかを具体化し、それらを伝えていくことでミスマッチを防ぐことが可能になります。

会社の魅力や様々な情報をオープンに的確に伝えるツールとして、採用ピッチ資料(会社説明資料)を公開する企業も増えてきました。

「会社の魅力をもっとうまく伝えたい!」

「どこまで求職者にオープンに情報を公開すれば良いのかわからない」

という方はこちらも参考にしてみてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

HeaR inc.

採用マーケティング支援のHeaR inc.です。 我々は"青春"という言葉を大事にしています。 「仕事って楽しいよね」「仕事は青春だ!」という価値観の仲間しかいません。さあ、一緒に青春しませんか?

採用マーケティングのイロハ

HRの領域の情報を発信するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。