採用マーケティングのイロハ

47
採用ピッチ資料を作成する企業が急増中!withコロナ時代に他社と差をつける採用ピッチ資料の作り方とは?

採用ピッチ資料を作成する企業が急増中!withコロナ時代に他社と差をつける採用ピッチ資料の作り方とは?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、対面での面談や面接、会社説明会ができない今、会社の情報をブラックボックス化させず可能な限り公開した企業が採用市場で注目を集めやすくなっています。 今までであれば、候補者と直接会った時に伝えていたような情報を、あらかじめみやすい資料にまとめ公開しておくことで、様々な効果を得ることができるそれが、採用ピッチ資料です。 そのため、現在多くの企業で採用ピッチ資料作成に取り組んでいます。 そこで今回はwithコロナ時代における採用ピッチ資料のメ

スキ
29
まだ続く…withコロナのリモート採用に役立つホワイトペーパーを無料公開中!

まだ続く…withコロナのリモート採用に役立つホワイトペーパーを無料公開中!

現在多くの企業で採用予算が縮小され、優秀人材の獲得が困難になる「採用デフレ」を危惧しています。 この「採用のデフレ」を防ぐためには、採用予算を押さえた上で候補者に魅力を感じてもらえるコンテンツや環境の整備が必要不可欠です。 ・採用広報 ・コンテンツ作成 ・リモートワーク環境の整備 ・採用候補者体験向上 ▼コロナショックと採用のこれから採用完全版WPのダウンロードはこちら▼ コロナショック収束後に向けた採用活動をスタートさせましょう 現状、実際に候補者の入社につながら

スキ
2
リモート採用をはじめた企業が気付いていない、3つの重要な問題

リモート採用をはじめた企業が気付いていない、3つの重要な問題

注目が日に日に増している「リモート採用」。初回の面談から内定、さらにはオンボーディングまでをすべてオンラインで行う、withコロナ時代に始まった採用手法です。 対面での接触による感染リスクが抑えられること、人事も候補者もそれぞれ任意の場所で面談を行うことができるため移動コストが少ないことなどメリットは多くある一方で、まだまだ顕在化していないリモート採用の重要な問題もあります。 今回は、「リモートでの採用を行う企業向け、気をつけて対策すべき3つの問題」にフォーカスしてご説明

スキ
20