【人事・採用担当者向け】お役立ち資料

16
インタビュー設計が苦手でも大丈夫。ワークシートを活用して今日からワンランク上の採用広報記事を作りましょう。

インタビュー設計が苦手でも大丈夫。ワークシートを活用して今日からワンランク上の採用広報記事を作りましょう。

社員インタビュー記事は、どんな人が働いているのか、どんなことをしているのか、会社の雰囲気はどんな感じか知りたいという候補者のニーズに合わせて発信できるコンテンツの一つです。 とはいえこんな悩みを抱えている方は多いと思います。 ・インタビューの掘り下げ方がわからない、むずかしい ・コンテンツのクオリティが担保できない ・どんなコンテンツにしたら読まれるのかわからない ・他で忙しすぎてそもそも記事を書く時間がない、続かない そこで今回はHeaRが採用広報コンテンツを書く時に

スキ
23
選考にストーリーを!3つのプロセスで完成する採用コンセプトの作り方
+5

選考にストーリーを!3つのプロセスで完成する採用コンセプトの作り方

 一貫した採用戦略を組み立てていく上で必要な「採用コンセプト」。必要性はなんとなく理解しているものの、どの部分から設計を進めていくべきか曖昧だと感じる人事の方が大半ではないでしょうか。形だけコンセプトっぽいものを作ってしまっても、結果として何の恩恵にも繋がりません。  そこで、今回は実際にHeaRがクライアントワークで活用している採用コンセプト作成の進め方をお伝えしていきます!このnoteを読んだ後、「自社の採用コンセプト設計における考え方」が明確になっている状態を目指して

スキ
15
人事初心者向け!16時間で完成する採用マーケティング戦略
+6

人事初心者向け!16時間で完成する採用マーケティング戦略

 近年トレンドとなっている考え方「採用マーケティング」。自社に取り入れたいものの、どこから着手すべきか曖昧な概念です。実際、採用マーケの考え方を誤解し、大枠の戦略には落とし込めていないケースがほとんど。  そこで、今回は実際にHeaRがクライアントワークで活用している採用マーケの進め方を解説しました!このnoteを読んだ後、「どのような方向性で自社の採用を打ち出していくべきか」の設計フローが明確になっている状態を目指しています。是非、自社の採用戦略で応用してみてください!

スキ
51
新卒採⽤市場の変化と22卒採⽤を成功に導く⽅法を徹底解説

新卒採⽤市場の変化と22卒採⽤を成功に導く⽅法を徹底解説

多くの企業が22卒採用に向けて動きはじめている中で、 実際に市場がどのように動いているのか、22卒学生の特徴を捉えた上での採用のベストアプローチの考え方やポイントを今回はご紹介します! 今回HeaRでは新卒採用担当者の方向けに資料を公開しました! こちらも合わせてご覧ください! 22卒採用に向けてやるべきこと資料はこちらをクリック 22卒採用の動向 22卒学⽣の動向において、最も顕著なのは動き出しの早さです。新卒学⽣向けスカウトサービス「iroots」では、6⽉上旬の

スキ
17
まだ続く…withコロナのリモート採用に役立つホワイトペーパーを無料公開中!

まだ続く…withコロナのリモート採用に役立つホワイトペーパーを無料公開中!

現在多くの企業で採用予算が縮小され、優秀人材の獲得が困難になる「採用デフレ」を危惧しています。 この「採用のデフレ」を防ぐためには、採用予算を押さえた上で候補者に魅力を感じてもらえるコンテンツや環境の整備が必要不可欠です。 ・採用広報 ・コンテンツ作成 ・リモートワーク環境の整備 ・採用候補者体験向上 ▼コロナショックと採用のこれから採用完全版WPのダウンロードはこちら▼ コロナショック収束後に向けた採用活動をスタートさせましょう 現状、実際に候補者の入社につながら

スキ
2
リモート採用をはじめた企業が気付いていない、3つの重要な問題

リモート採用をはじめた企業が気付いていない、3つの重要な問題

注目が日に日に増している「リモート採用」。初回の面談から内定、さらにはオンボーディングまでをすべてオンラインで行う、withコロナ時代に始まった採用手法です。 対面での接触による感染リスクが抑えられること、人事も候補者もそれぞれ任意の場所で面談を行うことができるため移動コストが少ないことなどメリットは多くある一方で、まだまだ顕在化していないリモート採用の重要な問題もあります。 今回は、「リモートでの採用を行う企業向け、気をつけて対策すべき3つの問題」にフォーカスしてご説明

スキ
20
採用力を向上させるCXとは?(CXタッチポイント108項目資料付き!)

採用力を向上させるCXとは?(CXタッチポイント108項目資料付き!)

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。「(採用の合否に関わらず)この企業を受けてよかった」と感じてもらえるかが一つの指標になります。 実際にHeaRで候補者とのタッチポイントを洗い出したところ、合計108個ありました。 タッチポイントを以下の5つのフェーズに分類します。(活躍フェーズは割愛しています) 0.企業

スキ
22