【人事・採用担当者向け】お役立ち資料

16
採用CX(Candidate Experience)を徹底解説

採用CX(Candidate Experience)を徹底解説

求職者「を」選ぶ時代から、候補者「が」選ぶ時代に変わりつつある採用市場。 企業が選ばれる立場に変わったいま「Candidate Experience(=候補者体験)」に注目が集まっています。 採用CX(Candidate Experience)とは、採用力向上とファン獲得を目的とした体験設計のことです。候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、「(採用の合否に関わらず)この企業を受けてよかった」と感じてもらえるかが一つの指標

スキ
149
明日から実践できる採用CX施策を公開!

明日から実践できる採用CX施策を公開!

求職者「を」選ぶ時代から、候補者「が」選ぶ時代に変わりつつある採用市場。 企業が選ばれる立場に変わったいま「Candidate Experience(=候補者体験)」に注目が集まっています。 採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。 「(採用の合否に関わらず)この企業を受けてよかった」と感じてもらえるかが一つの指

スキ
41
採用力を向上させるCXとは?(CXタッチポイント108項目資料付き!)

採用力を向上させるCXとは?(CXタッチポイント108項目資料付き!)

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。「(採用の合否に関わらず)この企業を受けてよかった」と感じてもらえるかが一つの指標になります。 実際にHeaRで候補者とのタッチポイントを洗い出したところ、合計108個ありました。 タッチポイントを以下の5つのフェーズに分類します。(活躍フェーズは割愛しています) 0.企業

スキ
22
エンジニア採用が強い組織の特徴【スライド資料付き】

エンジニア採用が強い組織の特徴【スライド資料付き】

採用の難易度は年々向上しています。 特に人材の確保が難しいと言われているのが、エンジニア職です。 人材自体の不足に加え、人材要件の高度化、技術やスキルの判断が難しいことから、採用の難易度は高いと考えられています。 そこで今回は、 採用支援を行なっているHeaR独自の視点から、エンジニア採用が強い組織はどのように取り組んでいるのか、特徴をご紹介します。 スライドの資料が欲しい方はこちらからダウンロードできます! 1.社内全体で採用活動に取り組んでいる エンジニア採

スキ
24